豊臣秀吉の二条城

あなたは学生時代、ちゃんと職歴の練習を通じていましたか?
「職歴上の人となりが似たようなタイトルで、憶ええるのに一苦労した」「一大事というその時代が一心にわからなくて不向き」など、職歴はとても繁雑ですから、不向きメニューだった人も多いことでしょう。

ただし、職歴はとても奥深くて面白いものです。
当時の日々や考査がわかり、もっとそれが動機づいて今の全国があることがよく理解できます。

職歴では、人となりと同じぐらい様々なお城や寺のタイトルが出てきますよね。
東大寺や伏見稲荷大社、金閣寺など、これらは今でも国宝として残されています。

その中に、「二条城」があります。
職歴では大々的に出てくることはありませんが、世界遺産にも認定されているほどのお城だ。
あなたも1度は見聞きしたことがあるでしょう。

ただし、こういう二条城は何人ものメイン人となりが建てていることをご存知でしたか?
今回は、そんな中でも豊臣秀吉の二条城にあたってご紹介していきましょう。

豊臣秀吉は、二条第と呼ばれるお城を建築しました。
豊臣秀吉の本拠は大阪でしたが、京都にも基盤を構えようので建てられたものです。

これは1から造られたものではなく、元からあった「妙顕寺」を転出させたものの結果、別名「妙顕寺城」とも呼ばれていました。
こういう城の見どころは、堀がめぐらされ、大きな天守もある地点。
豊臣秀吉の二条城が持つフィーリングの一つだ。

京都には、おんなじ二条城のタイトルを持つ城がいくつも点在しています。
旅立ちの際は、必ずそれぞれの二条城を見比べてはいかがでしょう。http://www.foxmusica.org/